mimemo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mimemo

~ちょい足しキラキラ生活を目指す女子ブログ~

春はデトックス!~肝臓温活~

まみこ カラダのハナシ

おはようございます☆

ココロとカラダを繋げる薬剤師の万美子です。

 

 

今日のテーマは「肝臓」
東洋医学では春は肝臓の季節と言われています。

 

立春の2/4~立夏5/5の前日までが暦の上では春!
その期間は肝臓の動きが活発になり、
冬に溜め込んだものをデトックスする期間と言われています。

 

 

肝臓はカラダの中でこんな場所にあります。

 

f:id:mimemo2016:20170219122235g:plain

 

f:id:mimemo2016:20170219122243j:plain

 

現代人の肝臓は、アルコール・食品添加物・薬品など、解毒作業に追われてオーバーワーク気味。。。

 


肝臓の疲れ=カラダの疲れ
カラダの40%の血液がある肝臓をあたためることで、
肝臓の血流UP→肝機能UPに繋がります☆

肝臓が元気だと、
・肌が綺麗
代謝が良くなる→ダイエット効果
・目がスッキリする
・髪がきれいになる
という効果も♪

 

 

肝臓のおすすめのあたため方は

 


①半身浴
熱めのお湯を肝臓の位置(右脇腹)に少し長めにあててから出るようにしてみてください。たったそれだけで、肝臓が温まり血流がアップ!
そこで、便利なのが「ホッカイロ」この方法ならお金も手間もほぼかからず、毎日お手軽に続けられますよね。

 

 

②カイロを肝臓に貼る
肝臓の位置に洋服の上からホッカイロを貼るだけ。
肝臓は大きな臓器なので場所はだいたいでかまいません。じんわり温まって、アルコール分解機能がアップするので二日酔いも軽減しますよ。

 

 

③肝臓マッサージ
手刀を肋骨にあてて、反対の手を手首のあたりに添えて、軽く背中を丸める感じにすると、肋骨の下に指が入っていきます。
指の力で押すのではなく、背中を丸めるとお腹がゆるむので、それにつれて自然に指が入っていくようなイメージです。

 

肋骨のフチを、一箇所につき5秒くらい、じわーっと押さえる。
呼吸もフーーーっと吐く。
それを、上の方から順番に3箇所ほど行います。

 

 

④良質なたんぱく質を摂る
動物性タンパク質(鶏卵・鶏ささみ・レバー・植物性タンパク質)
植物性タンパク質(納豆・豆乳・グルテンミート)
バランス良く摂ると良いです。


質の良いプロテインサプリメントもおススメです。

 

 

冬に溜め込んだものを春にデトックスして、
薄着の季節に備えましょうーーー\(^o^)/

 

f:id:mimemo2016:20170219122342g:plain

 

 

 

万美子